ホーム > Dr.田中@コスメティックサージェリー フィナステリド プロスカー編

Dr.田中
@コスメティックサージェリー

フィナステリド プロスカー編


プロスカーは、ジェネリック医薬品には抵抗があるけど、少しでも費用を抑えたい人には最適な内服薬です。
プロスカーは、プロペシアと同じアメリカの「メルク社」が製造元の前立腺肥大症治療薬です。
前立腺肥大による排尿困難(頻尿・残尿)や排尿痛などの症状を治療するために用いますが、含まれる成分におなじみのフィナステリドがあります。

ということは・・・
そうです。もとは脱毛治療を目的に製造開発された医薬品ではないですが、フィナステリドを含むので、ジヒドロテストステロンの誕生に必要な5α還元酵素の働きを弱め、結果的に抜け毛や薄毛の治療になるのです。
プロペシアのフィナステリド含有量1mgに対して、プロスカーはフィナステリド5mg含有です。
では、5倍効くのか?
残念ながら5倍は効きません。

というのも前回申しましたが、フィナステリドは1mg/日が適量だからです。
そのまま飲むと男性型脱毛症(AGA)の治療としては、フィナステリドの過剰摂取になります。
そのため、ピルカッターで4~5分割にして服用します。

メリットとしては分割して服用することで、プロペシアよりコストが割安になるのと、ジェネリック医薬品ではないといったところです。

デメリットとしては分割の手間と割った薬剤は取り扱いに注意しないといけないといったところでしょう。

効能・効果、適応や副作用はプロペシアと同様です。

因みにプロペシアはプロスカーに副作用として「髪が増える」という報告があり、含まれる成分フィナステリドに発毛が認められてから、脱毛治療薬としてメルク社が新たに製品化したものです。
プロスカーには厚生労働省より以下の注意喚起があります。

プロスカーについて
前立腺肥大の治療に用いられるプロスカー(PROSCAR)は1錠中にフィナステリドを5mg含みますので、女性や子どもが服用してはいけないこと、妊娠中かその可能性のある女性は砕けたり割れたりした錠剤を扱ってはいけないこと、プロスカー錠はコーティングされているので、通常の取り扱いで成分に触れることはないことなど、プロペシアと同様の注意事項が公表されています。また、妊娠中かその可能性のある女性は、プロスカーを服用している男性との性的接触により薬剤の暴露を受けないこと、パートナーが妊娠中かその可能性がある場合は薬剤が微量含まれる精液に暴露されないようにすること、妊娠中の女性がプロスカーの成分に触れてしまったときは医師に相談すること等が公表されています。

上にありますように、挙児希望の方は内服できません。

名古屋院では毛髪再生治療のモニターを募集しております。
詳細についてはお手数ですが、名古屋院までお問合せください。

LINE友達追加