ホーム > Dr.八杉「美」への架け橋 [症例写真]眼瞼下垂手術(挙筋腱膜前転法)

Dr.八杉「美」への架け橋

[症例写真]眼瞼下垂手術(挙筋腱膜前転法)


今回は、目のパーツモニター様にご登場いただきます。

二重まぶたのご相談で来院された方です。

・末広形の二重まぶたになりたい

・目の開きを大きくしたい

というご希望でした。

病的な眼瞼下垂症のレベルではありませんが、目を開けるまぶたの力が弱いために、眉毛を持ち上げることによって目を開けておられる状態でした。

おでこに力が入っているのが、なんとなく分かると思います。

眼瞼下垂手術のモニター様

普段は「アイテープ」と「つけま」を使用されているとのこと。

その状態がこちら

末広形の二重を作っておられました。

眼瞼下垂手術のモニター様

手術で二重の幅を広げたり、平行形の二重にすることも可能ですが、ご相談の結果、アイテープと同様の末広形を希望されました。
行った術式は、眼瞼下垂手術(挙筋腱膜前転法)です。
ご希望通りの、末広形ぱっちり二重になったかなと思います。

眼瞼下垂手術のモニター様

こうして見ると、眉毛がかなり下がったことが分かります。逆に言うと、術前は目を開けるためにこれだけおでこの力に頼っていた、ということです。
おでこの力が抜けて眉毛が降りてくると、目と眉毛の距離が近くなるので、目元の印象が引き締まりますね。
そしておでこを見てみると、術前にあった額のシワやゴツゴツ感が、術後には消えています。
額のボトックス注射は筋肉の動きを強制的に制限することによっておでこのシワを消すワケですが、眼瞼下垂手術後におでこの力が自然にリラックスすると、同じようなシワ消し効果が得られる、というわけであります。
おでこの力が抜けることによるメリットは、これだけではありません。
頭痛や肩コリが改善することが多い。
というのはNHKの番組で紹介されて有名になった事実ですね。
この辺の話を掘り下げ出すと、この記事はもはや何が言いたいのか?となってまうので、断腸の思いで割愛します。
その代わりと言っちゃなんですが、術後のダウンタイムや腫れ具合のご参考までに、経過写真を時系列で並べてみます。

眼瞼下垂手術のモニター様

まだ術後2週間ですので、目を閉じた時の二重の食い込みが強くキズ感がありますが、お仕事に行けないレベルではないと思います。
ここからどんどん馴染んでいきます。また長期結果が出ましたらUPしますね。
ちなみに、術直後の写真で目が グワっと開いて見えるのは、予定外線(作った二重の上にもう1本の線が出て三重になること)の予防のために、袋とじ という処置をしたからです。
「袋とじ」という手技のことを、無骨で野蛮な処置だと考え、やらない先生も多いかと思います。
ですが、実際にはこの処置によってほとんどの予定外線を回避できます。袋とじは術後3日目に解除します。

LINE友達追加