李院長の美容整形教室 二重まぶた「全切開法は傷が目立つ?」|美容外科・名古屋のヴェリテクリニック

フリーダイヤル0120-451-170
お問い合わせ052-581-2224
メールでのお問い合わせ

美容外科HOME>> 李院長の美容整形教室-TOP>> 全切開法は傷が目立つ?

トップバナー

全切開法は傷が目立つ?

全切開法は傷が目立つ?

切開法には、まぶたのほぼ全体を切開する全切開と真ん中の1センチ弱のみ切開する部分切開(もしくは小切開)があります。

「埋没法は戻るのが心配だけど、全切開も嫌だから部分切開でお願いします。」という方はよくいらっしゃいます。

「全切開が嫌な理由は何ですか?」とお聞きすると、たいていの場合、「傷が目立つといやだ」とおっしゃいます。

埋没法は切らない手術なので傷が目立たないのは当たり前ですが、はたして部分切開の傷は全切開の傷より目立たないのでしょうか?逆に、全切開の傷は、部分切開より目立つのでしょうか?

元々から二重がある方も、目を閉じるとほとんどの場合二重の折れ目に沿ったしわの線があります。

全切開はその方法さえきっちりしていれば、傷はこの生まれつきからある二重の線とあまり変わりありません。

もちろん、多少の違いはあるのでしょうが、どちらもまぶた全体に均一な一本のラインが出来ているという意味では一緒です。

ご自分を含め、手術を受けたことを知っている方が見れば傷に見えるかもしれないし、それを知らない方が見ればしわに見えるといった感じでしょうか。

元々から二重がある方も、目を閉じるとほとんどの場合二重の折れ目に沿ったしわの線があります。
生まれつきからある二重の線とあまり変わりありません。

これが部分切開の場合、真ん中だけに傷が出来るため事情が変わってきます。

つまり、傷が真ん中にしかないことで返って二重のしわに見えないということがありえるということです。要は傷が傷に見えてしまうということです。

部分切開の傷は真ん中にしかないことで傷が傷に見えてしまう。

もちろん、切開していない部分にもくせがついてくるため、傷がきれいに治ってさえいればあまり心配は無いのですが、ここでもう一つ問題になってくることがあります。

それは、部分切開の場合、真ん中の小さい切開で二重のラインを作らなければならないため、切開部分の眼輪筋や脂肪をたくさん切除して中の構造と強く癒着させる場合が多く、これが前回もお話した傷の凹みを作ることになってしまい、こうなるとよけいに目立ってしまいます。

部分切開であってもルーズな構造を作るべきなのですが、これは全切開以上に困難です。

具体的には、切開した部分から、その左右の切開していない皮膚の裏側に挙筋腱膜とのつながりを作ることで全切開に近い構造を作っていきます。

でも、特に幅広の二重を希望される方は、全切開の方が傷が目立たずきれいな二重のラインができると思います。

次の記事は:きれいにアイラインが入りますか? >>

目:二重まぶた 目次

美容整形教室メニュー

施術メニュー

トピックス

迷える子羊のための美容整形教室

lee先生のブログ

その治療はあなたの理想の自分に変えてくれますか?

名古屋院スタッフブログ

名古屋院スタッフブログ

名古屋院で美容外科をしている受付カウンセラーのつれづれ美容ブログです。

次世代豊胸術

次世代豊胸術

他院にはない高度な技術力をご紹介します。

総合的なアンチエイジング治療

総合的なアンチエイジング治療

いつまでも若く美しくを目指す貴方に!!
美容内科 しみ・しわ・たるみ。

新発想・若返り術

lee先生のブログ

今まで気づかなかったアンチエイジング法をご紹介します

美容外科大百科事典

ヴェリテクリニック サイト

総合サイト

総合サイト

銀座院専用サイト ▶

銀座院

銀座院フリーダイヤル

大阪院専用サイト ▶

大阪院

大阪院フリーダイヤル

福岡院専用サイト ▶

大阪院

福岡院フリーダイヤル

↑ PAGE TOP

トップページ| トピックス| 李院長の美容整形| アンチエイジング| 患者さんの声| ドクター紹介| 施設紹介| 料金表| アクセス| プライバシーポリシー

美容外科ヴェリテクリニック美容外科ヴェリテクリニック銀座院美容外科ヴェリテクリニック名古屋院美容外科ヴェリテクリニック大阪院美容外科ヴェリテクリニック福岡院

しわたるみ豊胸術目整形鼻整形毛髪再生

美容外科 名古屋・豊胸 名古屋のヴェリテクリニックでは目・鼻・輪郭・バスト・脂肪吸引・若返り・美肌・美容医療・ホクロ・ワキガ・多汗症治療をいたします。
美容外科・美容整形・豊胸のヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。
美容外科 名古屋院では豊胸術などのやり直し手術も、ヴェリテ式修正術で実現いたします。