コンデンスリッチファット(CRF)注入| 美容外科・名古屋のヴェリテクリニック

フリーダイヤル0120-451-170
お問い合わせ052-581-2224
メールでのお問い合わせ

美容外科HOME>> コンデンスリッチファット(CRF)注入

ダイエット治療-T0Pイメージ

ボディ Body - コンデンスリッチファット(CRF)注入

目 次

 

特 徴

コンデンスリッチファット(CRF)注入

① 脂肪の定着が高い
② シコリや石灰化、脂肪壊死、感染のリスクが極めて低い
③ 身体の負担が少ない

コンデンスリッチファット(CRF)注入とは

アメリカFDA(日本の厚生省に該当)の認可を受けた機器「LIPOMAX‐SC」で、特許取得しているウェイトフィルターを装着し、外気に触れないまま採取した脂肪を遠心分離にかけ、石灰化や脂肪壊死の原因になる死活した細胞や細胞膜などの不純物を除去します。

このコンデンス(濃縮)技術で生成された健全な濃縮脂肪細胞=コンデンスリッチファット(CRF)だけを抽出するため、高い定着率を実現し、吸引した脂肪を最大限に活かせるようになりました。

コンデンスリッチファット(CRF)注入の特徴

① 脂肪の定着率がUP

これまで最高峰といわれていた脂肪幹細胞注入を大きく上回る脂肪定着量を実現!

これまでの脂肪注入の比較は、「脂肪注入定着率〇%」、「脂肪幹細胞注入定着率〇%」と、『定着率』を中心に訴求されてきました。

しかし、脂肪幹細胞注入では、採取した脂肪の半分は幹細胞の抽出のため使用され注入用には使えませんでした。

つまり、半分の脂肪は無駄になり『定着率』は良くても『定着量』は高くはなかったのです。

コンデンスリッチファット(CRF)注入は、無駄になる脂肪がないうえに『定着率』も高く、脂肪幹細胞注入を大きく上回る『定着量』を実現しています。

 

脂肪注入

脂肪幹細胞注入

コンデンスリッチファット 注入
脂肪採取量が800ccの場合
※理論値より算出

脂肪採取量のイメージ1

脂肪採取量のイメージ2

脂肪採取量のイメージ2

定着量

320cc

320cc

426cc

定着率

約40%

約80%

約80%

脂肪採取量

800cc

400cc

523cc

バストに注入できる脂肪量

320cc

320cc

426cc

② 施術後のリスク回避

独自のコンデンス(濃縮)技術で死活・老化細胞を取り除いた濃縮脂肪を無菌で注入!しこりや脂肪壊死が起こりにくくなりました!

脂肪注入は、人工のものを体内に入れるケースと比較して、異物反応のリスクが少なく、感触や見た目が自然な点がメリットである一方、従来の脂肪注入では注入した脂肪が壊死したり石灰化のリスクを伴うこともありました。

しかし、コンデンスリッチファット(CRF)注入は、コンデンス(濃縮)技術で壊死する可能性のある死活・老化細胞を取り除き、健全な脂肪のみを無菌状態で注入するため、上記のリスクが回避されています。

③ 身体への負担軽減

手術時間は脂肪幹細胞注入の半分!
良質の新鮮な脂肪だけを注入するので、ダウンタイムも大幅に削減!

今まで脂肪注入の最高峰といわれていた脂肪幹細胞注入は、脂肪の採取から幹細胞を抽出し注入するまで最低でも6時間、長いと半日かかっていました。

また、長時間の麻酔や場合によっては脂肪採取時と注入時の計2回の麻酔が必要で、体への負担も大きくなっていました。

しかし、コンデンスリッチファット(CRF)注入は、短時間で脂肪をコンデンス(濃縮)できる特殊機器を用いるため、約2時間半で手術が終えることが可能で、体への負担が大幅に軽減されています。

crf正規認定機関

 

ベイザーリポ2.0

 

目次へ戻る

 

抽出の仕組みと技術

ウェイトフィルターによる抽出の仕組み

■ ウェイト効果

通常の遠心分離の約25倍のG(圧力)をかける

ウェイトフィルターのウェイト(重さ)によって、遠心分離の際に脂肪にかかるG(圧力)は、通常の遠心分離のG(圧力)の約25倍になります。この時、老いた弱い脂肪細胞はG(圧力)に耐えられず排泄オイルになります。

この約25倍のG(圧力)に耐えられた強く健全な脂肪細胞(コンデンスリッチファット)のみを抽出し、注入します。

脂肪採取量のイメージ2

■ フィルタリング技術

コンデンスリッチファットと排泄オイル(トリグリ)を分離

ウェイトフィルターには、液体のみを通す小さな穴が開いており、採取した脂肪から注入には適さない排泄オイル(トリグリ「死活・老化細胞」)を取り除くことができます。 従来の脂肪注入法では成し得なかった、不純な排泄オイル(トリグリ「死活・老化細胞」)と新鮮で健全な脂肪との分離が可能となります。

脂肪採取量のイメージ2

■ 空気に触れないプロセス

全てのプロセスを空気に触れないシリンジ内で行う

従来の脂肪注入は、採取から注入までに行う際、脂肪を空気に触れた形で移動していました。

一方コンデンスリッチファットは、チュメセントの注入、脂肪吸引、廃液、コンデンスまでをシリンジから出す事無く、空気に触れず行います。

よって、空気中に含まれる菌やほこり等の不純物に触れることが無いので、感染症等のリスクが大幅に削減されます。

脂肪採取量のイメージ2

 

crf正規認定機関

 

ベイザーリポ2.0

 

目次へ戻る

 

施術比較

脂肪注入のプロセス比較

脂肪注入

脂肪幹細胞注入

コンデンスリッチファット 注入

脂肪採取量のイメージ1

脂肪採取量のイメージ2

脂肪採取量のイメージ2

採取された脂肪のみをそのまま注入するため、死活・老化細胞を含み、脂肪壊死や石灰化のリスクがある。また、脂肪が空気に触れるので感染症のリスクもある。 注入する脂肪に対して幹細胞の割合が多く、従来の脂肪注入のリスクが軽減される一方、幹細胞抽出時に採取脂肪の半分を無駄にするため、注入量が少ない。 コンデンス(濃縮)技術により、死活・老化細胞のみを分離し、健全な脂肪のみを抽出するため、リスクを抑え、多くの脂肪が注入でき、定着量が最も多い。
さらにハイエンドとして、幹細胞の抽出&添加も行える。

施術比較(バスト・胸の場合)

 

脂肪注入

脂肪幹細胞注入

コンデンスリッチファット 注入
治療内容 吸引した自分の脂肪を、専用の器具を使いバストに注入する。 吸引した自分の脂肪組織から幹細胞を抽出し、注入用脂肪とともにバストに注入する。 吸引した自分の脂肪をコンデンス(濃縮)技術により、濃縮脂肪細胞(CRF)とし、バストに注入する。
適応

標準体形から
肥満体型まで

肥満体型のみ
※十分脂肪採取量があること

痩せ型から
肥満体型まで

自由

自由

自由

サイズ

0.5~1カップ程度/p>

約80%(理論値)

約80%(263例のデータ)

持続効果

短い

長い

長い

施術時間

約2時間

最低でも6時間

約2時間半

注入する脂肪の質

コンデンスされていない脂肪
(死活・老化細胞含む)

コンデンスされていない幹細胞脂肪
(死活・老化細胞含む)

コンデンスされた健全な脂肪細胞(CRF)

FDA公認

-

なし ※1

あり ※2

術後の痛み

比較的軽度

比較的軽度~中度
(吸引量が多い場合)

比較的軽度

主な合併症

石灰化、脂肪壊死

少ない

少ない

メリット

脂肪吸引による
痩身効果もある

脂肪吸引による
痩身効果もある

脂肪吸引による
痩身効果もある

※1:セリューションのみ自己血輸血装置として認可(脂肪注入用、美容外科領域に認可されていない)

※2:自己脂肪注入(チュメセント注入・脂肪吸引・脂肪細胞収集・フィルタリング・脂肪注入)にて、体と顔に臨床使用することに認可

形成外科・外科・皮膚科・産婦人科・美容外科の領域を定めている

 

crf正規認定機関

 

ベイザーリポ2.0

 

目次へ戻る

 

施術の流れ

▐ 問診

 

問診表をご記入いただきます。

現在のご体調、既往歴や麻酔経験など、安心・安全に受けて頂くために必要な情報をお伺い致します。

 

▐ カウンセリング

 

カウンセリング

ご相談内容や施術方法・施術内容を丁寧に担当ドクターがご説明致します。

 

▐ 専用シリンジで脂肪を摂取

 

カウンセリング

コンデンスリッチファット用の専用シリンジを用いて脂肪吸引を行い、外気に触れないまま脂肪を摂取します。

 

▐ チュメセント液(麻酔液)を廃棄

 

カウンセリング

シリンジを10分間立て、脂肪とチュメセント液(麻酔液)を分離させ、チュメセント液(麻酔液)のみ廃棄します。

 

▐ 脂肪が三層に分かれる

 

カウンセリング

遠心分離すると、上から排泄オイル(トリグリ「死活・老化細胞」)、脂肪、血液や細胞膜などの不純物の三層に分かれます。

 

▐ 脂肪以外を廃棄

 

カウンセリング

三層に分かれたうち、上の排泄オイル(トリグリ「死活・老化細胞」)と下の不純物を廃棄し、脂肪のみをシリンジ内に残します。

 

▐ コンデンスリッチファット注入

 

カウンセリング

シリンジ内に残ったコンデンスリッチファットをボリュームを出したいバストやフェイスに注入します。

 

▐ 終了

 

施術部位により異なりますが、概ね約2時間半で終了致しますので、手術当日にご帰宅できます。リカバリールームもございますので、お気軽にご利用ください。

 

crf正規認定機関

 

ベイザーリポ2.0

 

目次へ戻る

 

症例写真

【顔 症例】

顔 症例

施術前

施術12週間後

施術21週間後

【バスト 症例 1】

バスト 症例 1

施術前

施術8週間後

【バスト 症例 2】

バスト 症例 2

施術前

施術3カ月後

 

crf正規認定機関

 

ベイザーリポ2.0

 

美容整形教室メニュー

施術メニュー

トピックス

迷える子羊のための美容整形教室

lee先生のブログ

その治療はあなたの理想の自分に変えてくれますか?

名古屋院スタッフブログ

名古屋院スタッフブログ

名古屋院で美容外科をしている受付カウンセラーのつれづれ美容ブログです。

次世代豊胸術

次世代豊胸術

他院にはない高度な技術力をご紹介します。

総合的なアンチエイジング治療

総合的なアンチエイジング治療

いつまでも若く美しくを目指す貴方に!!
美容内科 しみ・しわ・たるみ。

新発想・若返り術

lee先生のブログ

今まで気づかなかったアンチエイジング法をご紹介します

美容外科大百科事典

ヴェリテクリニック サイト

総合サイト

総合サイト

銀座院専用サイト ▶

銀座院

銀座院フリーダイヤル

大阪院専用サイト ▶

大阪院

大阪院フリーダイヤル

福岡院専用サイト ▶

大阪院

福岡院フリーダイヤル

↑ PAGE TOP

トップページ| トピックス| 李院長の美容整形| アンチエイジング| 患者さんの声| ドクター紹介| 施設紹介| 料金表| アクセス| プライバシーポリシー

美容外科ヴェリテクリニック美容外科ヴェリテクリニック銀座院美容外科ヴェリテクリニック名古屋院美容外科ヴェリテクリニック大阪院美容外科ヴェリテクリニック福岡院

しわたるみ豊胸術目整形鼻整形毛髪再生

美容外科 名古屋・豊胸 名古屋のヴェリテクリニックでは目・鼻・輪郭・バスト・脂肪吸引・若返り・美肌・美容医療・ホクロ・ワキガ・多汗症治療をいたします。
美容外科・美容整形・豊胸のヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。
美容外科 名古屋院では豊胸術などのやり直し手術も、ヴェリテ式修正術で実現いたします。